ページの先頭です

お問い合わせ

生活経済部環境課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

タイワンタケクマバチについて

更新日:2018年9月7日

タイワンタケクマバチは枯れた竹に穴を開けて巣を作る外来のハチです。台湾、中国南部からインドに生息するハチですが国内では豊田市で初めて発見され、最近では知多半島でも目撃されるようになりました。攻撃的な性格ではありませんが、針を持っているので刺されることがあります。刺されても毒性は弱いので腫れる程度ですが、アナフィラキシーショックを起こす場合もあります。竹ぼうきや竹垣に巣を作ることがありますので、竹に穴が開いていたら注意してください。

タイワンタケクマバチの写真

【写真:愛知県より】

タイワンタケクマバチの特徴

・体長は2センチメートル

・頭部、胸部、腹部は黒色

・翅は褐色

・脚に黒色の毛を持つ

関連リンク

タイワンタケクマバチについてへの別ルート