ページの先頭です

お問い合わせ

生活経済部環境課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ

更新日:2019年12月26日

ヒアリは、南米中部原産の特定外来生物で、強い毒を持つアリです。北米や中国、フィリピン、台湾等に外来生物として侵入・定着しており、世界各地で大きな問題となっています。国内でも、平成29年5月26日に兵庫県尼崎市で初めて確認され、県内では、6月27日に名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナル(弥富市)敷地内で確認されました。その後も大阪市、東京都内等で確認されています。なお、武豊町内ではヒアリは確認されていません。

ヒアリについて

  • 赤茶色の小型のアリで、腹部は濃く黒っぽい赤色
  • 体長は2.5ミリ~6ミリで大きさにバラつきがある
  • 土で直径25~60センチ、高さ15~50 センチ のドーム状のアリ塚を作って住む
  • 人が刺されると、アルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸等の症状が引き起こされる。アレルギー性のショックで昏睡状態に陥ることもある
ヒアリの写真

(出典:環境省)

ヒアリを発見したら

昆虫に関する専門的な知識がない場合は、在来種のアリと区別することは難しいと思われますが、万一ヒアリと特徴が似たアリを見つけた場合は、触らないようにし、武豊町環境課保全担当または愛知県自然環境課野生生物・鳥獣グループ(直通 052-954-6230)にご連絡ください。

関連リンク

特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせへの別ルート