ページの先頭です

関連コンテンツ

武豊線


お問い合わせ

企画部秘書広報課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

武豊線の歴史~現在から未来へ向けて~

更新日:2015年4月1日
現在の武豊駅

開通から約130年。多くの出来事がありました。明治天皇・皇后を迎え、武豊港で陸海軍合同演習が行われ、交通が発達したことで、みそ・たまりの醸造業が隆盛を極め、武豊の名は全国に知れ渡ることとなりました。

蒸気機関車~ディーゼル車、そして電化へ

昭和45年に蒸気機関車が廃止となり、ディーゼル車が導入されました。
そして、平成27年3月1日に電化され、記念式典が執り行われました。

電化開業出発式

武豊線電化開業出発式

大府駅にて行われた式典。当日は、あいにくの天気となってしまいましたが、JR関係者、沿線市町の首長、ゆるキャラが出席しました。

最終のディーゼル列車を見送る

6時48分に、最終のディーゼル車が武豊駅へ向けて出発すると、乗客から「ありがとう!」という言葉がかけられました。

電化第1号車

その後、7時3分に電化第1号車が出発。多くの人が見守る中、大府駅長の合図で発車し、環境にも良い電車へと生まれ変わりました。

電化で変わること

1.便利なダイヤ設定が可能になる
 ・東海道本線と同じ車両を使うため、効率的に運用できる
 ・ダイヤ改正により、平日の18時~19時台の武豊行が3本増便される

2.環境に良い電車になる
 ・ディーゼル車特有の音がなくなり、騒音が少なくなる
 ・二酸化炭素の排出量が57%削減される

素晴らしい未来へ向けて

転車台周辺の航空写真

かつての武豊線発祥の地である転車台周辺には、エコステーション、遊具を備えた広場、トイレが整備されています。平成28年4月には、歴史的資料の展示や、観光案内所としての機能を持つ地域交流センターもオープンします。
かつての武豊線発祥の地から、新たな観光の拠点として、素晴らしい未来に向けて歩み出します。

武豊線の歴史~現在から未来へ向けて~への別ルート