ページの先頭です

お問い合わせ

総務部税務課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

台風・火災等により被害を受けた方へ

更新日:2020年10月1日
台風被害の写真

台風、地震、火災等の自然災害により、被害を受けた建物等に対し、罹災証明書、罹災届出証明書を交付します。
証明書は、各種給付金の申請、融資申込、保険請求の際に、ご利用いただけます。
なお、保険請求時に必要な証明書はそれぞれ異なります。詳しくは各保険会社へご確認ください。

※火災による被害については、半田消防署武豊支署(電話0569-73-0119)へお問合せください。
※武豊支署については、知多中部広域事務組合のホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症防止対策

  • 感染症拡大を防ぐために、郵送による申請も受け付けています。
  • 職員による認定調査の際は、マスク、手袋を着用します。
  • 一定の距離を確保した上で調査を行います。
  • 証明書は、可能な限り、郵送での受け取りにご協力ください。

罹災証明書と罹災届出証明書

罹災証明書

内閣府が定める指針に基づき、被災した住家の被害の程度を証明するものです。
役場職員が「住家の被害認定調査」を行い、全壊・大規模半壊・半壊・準半壊・一部損壊・床上浸水・床下浸水の区分で被害程度を判定します。

住家とは

被災時点で居住するために使用している建物のことです。
店舗であっても、居住用として使用している部分は住家として扱います。

※居住実態がない、いわゆる空き家は住家として扱いません。

罹災届出証明書

罹災証明書の対象となる住家以外のもの(店舗や塀等)の被害について、その事実を届け出たことを証明するものです。
そのため、役場職員による「住家の被害認定調査」は行わず、被害程度も判定しません。

申請できる方

1.罹災物件の所有者、使用者

2.罹災した住家に居住している方、その世帯員

3.上記1,2の相続人または委任された方
※相続人は、相続関係がわかる書類(戸籍謄本等)が必要です
※委任された方は、委任状(任意様式)が必要です

申請できる期間

罹災後1か月以内

申請に必要なもの

1.罹災証明書等交付申請書
※ホームぺージからダウンロード、または役場税務課で受け取れます

2.被害状況が確認できる写真

3.申請者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)
※郵送申請の場合、コピーしたものをお送りください

4.返信用封筒(84円分の切手貼付)
※役場窓口で証明書を受け取る場合は不要です。

5.その他町長が必要と認める書類

郵送で申請する方へ

郵送先

〒470-2392 武豊町役場 税務課 宛
※役場の住所は記載不要です

要綱・様式

問合せ

役場税務課 電話0569-72-1111