ページの先頭です

お問い合わせ

総務部防災交通課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

感震ブレーカー(簡易タイプ)の有償配布を行います

更新日:2018年6月1日

事業概要

 阪神淡路大震災、東日本大震災では、電気器具の転倒による火災や、停電後の電気復旧時に火災が発生する通電火災が多発しました。通電火災を予防するために、分電盤に後付けする簡易タイプの感震ブレーカーを、一部町費負担により有償配布します。

感震ブレーカー(簡易タイプ)とは

 ばねの作動や重りの落下によりブレーカーを落とし、電気を遮断する装置です。

 ※今回、有償配布するものは、ばね式で、接着固定し取付けるものです

  (取付けは購入者自身でお願いします)

ブレーカー
ブレーカー(簡易タイプ)
※蓋付きブレーカーや設置スペースの少ない場合は、補助器具(リモート)で隣接壁面に取付けが可能です。お気軽に問合せください

簡易タイプの特徴

簡易タイプの特徴
特徴

・安価

・設置が容易で、専門電気工事不要

・ユーザーによる復旧が容易

・屋内配線、機器コード、機器の火災を防止できる

注意点         

 

・家屋内の全ての電気供給が遮断されるため、医療機器や防犯、避難用照明の電源は別途必要です

・分電盤のタイプや形状により設置できない場合があります

 

有償配布開始時期および金額

時 期 6月1日(金)~

     ※役場防災交通課窓口にて購入することができます

金 額 1,500円

     ※補助器具(リモート)付きの場合 2,500円

持ち物 印鑑(認印)

注意事項

◇取付け及び作動後の復旧は購入者自身でお願いします

◇本製品は通電火災を予防するもので、火災や地震による被害を補償するものではありません

◇テスト時にブレーカーが落ちるので、支障が起こる可能性のある機器(医療機器や録画中のテレビ等)について、安全対策を講じてください

◇地震以外により作動する可能性があります

◇分電盤に充分な取付けのスペースがあるか下記の台紙を使って確認してください

台紙

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

取付け方法

取付け方法

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
こちらの動画(別ウインドウで開く)を参照して取付けを行ってください。

よくある質問

◆白いつまみがセットできない

→垂直な状態でなければセットできません。接着場所は曲面を避けてください。

 水平・斜め・逆さの状態では、固定できません。

◆サービスブレーカーと漏電ブレーカーのどちらにつけるの?

→必ず漏電ブレーカーにつけてください

◆蓋付きタイプでも使える?

→蓋は完全には閉まりませんが、半開放状態でも動作には影響ありません。

◆事前準備はある?

→パソコンや炊飯器など、電気製品の電源が切れていることを確認してください。

  ホームセキュリティに加入している場合、テストによりブレーカーが落ちることを事前に警備会社へ連絡してください

◆人工呼吸器を使っているんだけど…

→医療器具補助電源が確実に動作することを確認のうえ、取付けしてください

◆設置スペースがない/狭い

→接着部の半分以上の面積が密着する場所があれば取付け可能です。分電盤にスペースがない場合、リモート(別途1,500円)があれば、隣接する壁面に取付け可能です。

◆分電盤に注意書きのシールが貼ってある

→できる限りシール部分を避けてください


※分電盤の改良により、地震発生時に電気を遮断する感震ブレーカーの設置補助もあります。

詳しくはこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。


感震ブレーカー(簡易タイプ)の有償配布を行いますへの別ルート