ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2018年5月11日

更新日:2018年5月11日
エゴノキ

エゴノキ

カキツバタ

カキツバタ

キショウブ

キショウブ

今回、サワフタギ(ハイノキ科)やナンジャモンジャで知られるヒトツバタゴ(モクセイ科)の紹介をする予定でしたが、早々と花が散ってしまい紹介できずに終わってしまいました。そうした中、駐車場の南東側で見なれない花を見つけました。調べたところ、エゴノキ(エゴノキ科)のようです。エゴノキは、全国の雑木林に生育し高さ10mほどになる落葉樹で、名前の由来は果実を口に入れるとえぐみがあるからのようです。花期は5~6月です。
D湿地では、カキツバタ(アヤメ科)やキショウブ(アヤメ科)が咲き誇っています。カキツバタもキショウブも湿地に群生していますが、大きな違いがあります。それは、カキツバタは県の絶滅危惧種・国の準絶滅危惧種に指定されている貴重な植物で、愛知県の県花になっているのに対して、キショウブは西アジア・ヨーロッパ原産の帰化植物で、要注意外来生物に指定されていることです。花期はどちらも5~6月ですが、カキツバタの方が少し早いようです。しかし、今年は同じ時期に咲いています。

場所・・エゴノキ:駐車場南東  カキツバタ:D湿地  キショウブ:D湿地・北側道路付近

スイカズラ

スイカズラ

ムカシヤンマ

ムカシヤンマ

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ

A湿地の奥のヒトツバタゴ付近の木に絡むように生育し、白い花をつけ始めた植物があります。常緑つる性植物のスイカズラ(スイカズラ科)です。花期は5~6月で、花が白から黄色に変わっていく特徴があるようです。
5月に入ってからトンボをよく見るようになりましたが、ここ壱町田湿地ではムカシヤンマ(ムカシヤンマ科)というトンボが多く飛んでいます。オニヤンマ(オニヤンマ科)に似ていますが、体調8cm程度と少し小さめで目の色も黒っぽいので見分けがつきます。成虫になるのに約3年はかかるようなので自然保護が重要となっています。
A湿地の土手などではヘビイチゴ(バラ科)の実がなっています。最近までミツバツチグリと思われていたのですが、赤い実がなったことで間違っていたことがはっきりしました。名前の由来は、ヘビが食べるイチゴなど諸説あるようです。また、毒があるとも言われるようですが、人間が食べても体に害はないそうです。

場所・・スイカズラ:A湿地奥・観察路脇  ムカシヤンマ:湿地全域 
        ヘビイチゴ:A湿地土手 他

※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
  (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp