ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2018年4月6日

更新日:2018年4月6日
楕円形案内板

楕円形案内板

サクラ

サクラ

キクモモ

キクモモ

駐車場に設置されていた3枚の案内板は痛みがひどく文字も見えない状態でしたが、この3月末に新しくなりました。春・夏・秋に分けて壱町田湿地内の主な植物等が掲載してありますのでご覧ください。
今年のサクラ(バラ科)の開花は例年より早かったせいか、壱町田湿地のサクラもそろそろ終わりかけています。湿地内のサクラはヤマザクラばかりのようですが、木によって花の色や咲く時期も微妙に異なっています。
トイレ付近ではキクモモ(バラ科)の花が咲きだしました。花期は3~4月、江戸時代に中国より渡来して観賞用に改良された落葉低木で、名前の由来は花弁の形状が菊に似ているからのようです。       

場所・・楕円形案内板:駐車場  サクラ:湿地内全域  キクモモ:トイレ付近

シュンラン

シュンラン

ザイフリボク

ザイフリボク

シキミ

シキミ

C湿地下の川付近では、シュンラン(ラン科)の花が咲きました。もう1か所、B湿地の西側斜面にもあり開花を確認しましたが、下向きに咲いているので近くへ寄らないと分かりにくいので注意が必要です。名前の由来は、春に咲くランからのようです。花期は3~4月です。
D湿地の隅では、ザイフリボク(バラ科)の花が咲き始めました。壱町田湿地には1本しかないようです。名前の由来は、花弁が長く采配(さいはい)のようになるからのようです。別名のシデザクラの名前は、やはり花が神社などで使われる紙垂(しで)に似ているからのようです。
B湿地西の観察路脇では、シキミ(マツブサ科)の花がひっそりと咲いています。寺社や墓地に植えられていることが多いようですが、壱町田湿地ではこの1本のみです。花期は3~4月です。 

場所・・シュンラン:C湿地下 ザイフリボク:D湿地  シキミ:観察路脇


※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
  (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp