ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2017年4月6日

更新日:2017年4月6日
ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ

タチツボスミレ

タチツボスミレ

フモトスミレ

フモトスミレ

3月の終わりごろからC湿地や湧水路脇などでショウジョウバカマが咲きだしました。ショウジョウバカマは、ユリ科の多年草で北海道から九州までのやや湿った場所に生えているようです。この地域では花期は3~4月で、花の色は生育場所によって淡紅色、紫色、白色と様々です。
やはり3月の終わりごろから咲きだした花に、スミレの仲間があります。スミレの仲間は種類が多いため紛らわしいのですが、最初に咲きだした青いスミレはタチツボスミレ、少し遅れて咲きだした白っぽいスミレはフモトスミレと思われます。

場所・・ショウジョウバカマ:湧水路脇他  タチツボスミレ・フモトスミレ:A湿地・B湿地他 

アセビ

アセビ

ヒサカキ

ヒサカキ

シキミ

シキミ

今、B湿地の真ん中あたりでアセビが白い花を咲かせています。アセビはツツジ科の常緑低木で別名アシビとかアセボとか呼ばれ、漢字では馬酔木です。名前の由来は、馬がこの葉を食べると酔うようにふらつくからのようです。
壱町田湿地にはいろいろな樹木が生育していますが、その中でひときわ多いのがヒサカキです。そのヒサカキの花が今、満開となっています。ヒサカキはツバキ科の常緑小高木で花期は3~4月。雌雄異株のため花は雄花と雌花がありますが、中には両性のものもあります。ヒサカキの名前の由来は、サカキではないので「非榊」など諸説あるようです。なお、サカキが入手しにくい関東地方などでは、このヒサカキがお墓のお供えや神事の玉串として利用されているそうです。
湿地西側の観察路脇で今白っぽい花をつけている木が1本ありますが、シキミと思われます。東北地方南部から沖縄までの山地に生える常緑小高木で、寺社や墓地によく植えられているそうです。別名ハナノキで、花期は3~4月。シキミの名前の由来は、9~10月にできる果実の種が猛毒のため「悪しき実」と言われ、その「あしきみ」の「あ」がとれて「しきみ」となったようです。

場所・・アセビ:B湿地  ヒサカキ:湿地内全域  シキミ:B湿地西通路脇

※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
  (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp