ページの先頭です

お問い合わせ

教育部歴史民俗資料館

電話: 0569-73-4100(月曜休館)

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地植物群落一般公開

更新日:2021年9月3日
壱町田湿地の様子

壱町田湿地(愛知県指定天然記念物「壱町田湿地植物群落」)は、シロバナナガバノイシモチソウをはじめ、絶滅の恐れがある食虫植物や湿地性植物が自生する貴重な自然の宝庫です。
ふだんは湿地保護のため見学することができませんが、花の見ごろに合わせて一般公開をしています。
9月の一般公開は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、中止となりました。最近の湿地の様子を写真で紹介しますので、画面をスクロールしてご覧ください。

令和3年度の一般公開日

7月18日(日)、8月7日(土)、8月8日(日)、9月11日(土)、9月12日(日)

※9月11日(土)、9月12日(日)の公開につきましては、

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となります。

公開時間

午前9時00分~午後2時00分
(入場は午後1時30分まで)

※入場無料、事前申込み不要、雨天中止

一般公開ポスター2021

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

服装

長ズボン、すべりにくい履物

※マスクの着用をお願いします

会場

武豊町字壱町田90番地2

9月の湿地の様子

夏の頃に比べ、湿地植物の草丈が高くなり、周囲に生えるヌマガヤの穂も伸びてきました。

星を散りばめたようなシラタマホシクサの群落が、湿地のあちらこちらに見られます。

シラタマホシクサ

シラタマホシクサ

湿地に咲く 秋の花たち‥‥

ミズギボウシ

サワシロギク

イワショウブ

シロイヌノヒゲ

サワヒヨドリ

ヒヨドリバナ

食虫植物たちは‥‥
夏の頃には湿地の多くを占めていたシロバナナガバノイシモチソウの群落は盛りを過ぎ、ほとんど見られません。イヌノハナヒゲの草むらの陰で花をつけている株がいくつかありました。
湿地の所々にはミミカキグサの仲間も見られます。

ホザキノミミカキグサ

ムラサキミミカキグサ

観察路ぞいの木々にも秋の気配が感じられます‥‥

湿地ではシオカラトンボやヤンマが飛び回っているけれど、私はここで一休み‥‥
来年の一般公開で、皆様のご来場をお待ちしています。