ページの先頭です

お問い合わせ

生活経済部環境課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

武豊町のごみ処理計画

更新日:2022年7月1日

武豊町ごみ処理基本計画(平成27年8月策定・平成27~令和6年度)

知多南部広域ごみ処理施設の建設候補地が武豊町に決定され、長期的視野に立ったごみ処理体制を確立していくため、平成27年8月に「武豊町ごみ処理基本計画」を策定しました。

ごみの分別収集や資源回収エコステーションでの資源回収など、町民・事業者の皆さまのご協力により、ごみの減量目標を達成しつつありますが、さらなるごみの減量・資源化が必要です。

武豊町ごみ処理基本計画(平成27年度~令和6年度)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

武豊町一般廃棄物処理基本計画(令和4年度策定(予定)・令和5~14年度)

もやさなければならないごみを始めとするごみの減量や、プラスチック製品の資源化や高齢化への対応など新たに検討していく課題も生じてきているほか、クリーンセンター等処理施設の能力も更新されていることから、令和4年度に「武豊町一般廃棄物処理基本計画」の策定をすることとなりました。

現在、新計画の策定にあたり、ごみ減量の方針、収集体制を始め、町民の方のご意見を幅広くお聞きして、反映していくため、「武豊町一般廃棄物処理基本計画策定会議委員」を募集しています。

※武豊町一般廃棄物処理基本計画策定会議委員募集について(https://www.town.taketoyo.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=3555

武豊町ごみ減量化実施計画(令和2年4月策定・令和2~6年度)

「武豊町ごみ処理基本計画(平成27年8月策定)」の中間評価を踏まえ、国や新しく作る知多南部広域環境センターの計画との整合性を保ちながら、ごみの減量と資源化、適正なごみ処理体制の構築を目指しています。

武豊町ごみ減量化実施計画(令和2~6年度)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

武豊町分別収集計画(第10期)(令和4年6月策定・令和5~9年度)

家庭から排出されるごみには、プラスチック製容器包装や紙パック、缶、ビン、ペットボトルなどの容器包装が含まれているといわれています。
実際に武豊町から出る家庭ごみのうち重量比約10%の容器包装が資源として分別されずに捨てられていました。

現在捨てられてしまっている容器包装のリサイクルを推進し、循環型社会の構築を目指すため、「武豊町分別収集計画(第10期)」を令和4年6月に策定しました。

武豊町分別収集計画(第10期)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

武豊町生活排水処理基本計画(平成30年3月策定・平成30~令和14年度)

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定に基づき、本町における生活排水の処理を計画的かつ適正に行うため、「生活排水処理基本計画」を平成30年3月に策定しました。

生活雑排水処理対策としては、合併処理浄化槽や下水道及び農業集落排水などの各種生活排水処理施設整備事業との整合性を考慮し、生活排水処理体系全体の調整を図り、概ね5年毎もしくは諸条件に変動があった場合に見直しを行います。

武豊町災害廃棄物処理計画(平成30年1月策定)

大規模地震や水害などによる災害時は、がれき等の廃棄物が大量発生するほか一般ごみについても平常通りの収集運搬・処理を行うことが困難となることが想定されるため、ごみ・し尿などに対して、事前に十分な対策を講じておく必要があります。

特に災害廃棄物対策は最も難しい課題の一つであり、災害がれきの早期の処理は、住民にとっての安全・安心を守る、心の支えとなります。来たるべき大規模災害に対し、平常時から準備を行うため、「武豊町災害廃棄物処理計画」を平成30年1月に策定しました。

武豊町のごみ処理計画への別ルート