ページの先頭です

お問い合わせ

健康福祉部健康課(保健センター)

電話: 0569-72-2500

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

新型コロナウイルスワクチンの副反応に関する情報

更新日:2022年2月16日

ワクチンの副反応について

厚生労働省では、新型コロナワクチンの接種を受けた方を対象に、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛など接種後に起こりやすい様々な症状の頻度などを調査し、皆様にお知らせしています。

副反応の症状については、主に次の内容となります。

  • 9割程度の方に接種した部位の腫れや赤み、痛みが発症した
  • 発熱、頭痛、倦怠感等の全身症状がみられ、1回目接種よりも、2回目接種で頻度が高い傾向がある

  • 接種した部位の痛みや全身症状等は、接種当日より接種翌日に強く出る傾向がある

  • 痛み等の症状は3日後には回復している

  • 3回目接種でも、2回目接種と同程度の症状が起きる

より詳しい情報につきましては、次のページをご覧ください。

副反応が出た場合

新型コロナワクチンの接種後に、発熱や痛み、頭痛等の症状が起きた際には、医師が処方する薬や、市販の解熱鎮痛薬を摂取してください。また、発熱時には、水分を十分に摂取することをお勧めします。

医療機関への受診を検討される際には、接種医やかかりつけ医、相談窓口にお電話ください。

副反応に関する相談窓口
窓口 電話番号 受付時間 
愛知県健康対策課感染症グループ 052-954-6272 午前9時から午後5時まで 
愛知県 夜間・休日相談窓口 052-526-5887 平日:午後17時から翌午前9時
土日祝:24時間 

その他、副反応についてのより詳しい情報につきましては、次のページをご覧ください。

新型コロナウイルスワクチンの副反応に関する情報への別ルート