ページの先頭です

お問い合わせ

教育部歴史民俗資料館

電話: 0569-73-4100(月曜休館)

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地植物群落とは

更新日:2016年2月1日
壱町田湿地植物群落の全景写真

 壱町田湿地植物群落は、武豊町の北西部に位置し、海抜40~50メートルのなだらかな丘陵地帯にあり、周辺は昭和30年代前半の沿岸埋め立て用土取り場として採土され、その地形は急変しました。昭和57年から武豊北部地区89ヘクタールが農業基盤整備事業として農地開発されるにあたり、湿地を含む11,000平方メートルを保護地に指定し、周囲をフェンスで囲い、貴重な植物群落を保護しています。

湿地にはどんな植物がいる?

 湿地の自然環境は、クロマツ・ヒサカキを中心とした樹木が周辺を囲み、中央には湿地の命の源となっている小さな沢があって、低温弱酸性の湧出水が流れています。
 生育している植物は、国内稀産のシロバナナガバノイシモチソウと東海地区特産種ですでに絶滅したと言われていたヒメミミカキグサをはじめ、モウセンゴケ・ミミカキグサ・ホザキノミミカキグサ・ムラサキミミカキグサの7種類の食虫植物のほか、カモノハシ・ノグサ・ミカワシンジュガヤ・サワヒヨドリ・サワシロギク・ハルリンドウ・オオミズゴケ・ショウジョウバカマも生育しています。東海地方伊勢湾周辺特産のシラタマホシクサ、寒冷地性のイワショウブ・ヌマガヤ・ウメバチソウ・ミズギクなどが生育しています。D湿地には、ミズギボウシ・コウホネ・ヒメコウホネ・イなどの水生植物が生育しています。また、指定地内には絶滅の恐れのあるカキラン・キンラン・エビネなども見られます。
 このほか、当湿地には、ヒメタイコウチが生息しており、上記の湿地植物とともに貴重な存在です。また、平成11年2月26日に愛知県自然環境保全地域の指定を受けています。

住所

〒470-2319 愛知県知多郡武豊町字壱町田355

アクセス

車を利用するとき

知多半島道路経由

1.知多半島道路・半田インターチェンジを降りる
2.「半田インター」の信号を左折
3.「宮本町6」の信号を右折
4.「新鹿子田橋南」の信号を右折
5.知多半島道路の下を通過後、案内板にしたがい左折

国道247号線経由

1.「東郷町」の信号を南進
2.「砂川橋南」の信号を右折
3.知多半島道路の下を通過後、案内板にしたがい左折

公共交通機関を利用するとき

名鉄青山駅(特急停車駅)下車

・壱町田湿地までの距離は、約3キロ
・タクシーで8分、徒歩で40分

名鉄知多武豊駅(特急停車駅)下車

・壱町田湿地までの距離は、約4キロ
・タクシーで9分、徒歩で50分
・武豊町コミュニティバス(ピンク色)に乗車し、「新鹿子田橋南」で下車。西へ徒歩15分

JR武豊駅下車

・壱町田湿地までの距離は、約4.5キロ
・タクシーで10分、徒歩で60分
・武豊町コミュニティバス(ピンク色)に乗車し、「新鹿子田橋南」で下車。西へ徒歩15分