ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2020年9月20日

更新日:2020年9月20日
A湿地の様子

A湿地の様子

シラタマホシクサ

シラタマホシクサ

クリの実

クリの実

9月も半ばに入り夏の猛暑もようやく少し落ち着いてきました。B湿地にはシオカラトンボに代わってアキアカネの群れも舞うようになってきました。

9月の一般公開は、最終日があいにくの雨天で中止になってしまいました。最終日に見学を予定してみえた方もあるかもしれません。このホームページで今の湿地の様子をご覧ください。

A湿地では、シロバナナガバノイシモチソウ(モウセンゴケ科)の白い花に代わってシラタマホシクサ(ホシクサ科)の白い花が数多く見られます。また、湿地の所々にはイワショウブ(チシマゼキショウ科)の白い花も見られます。さらに湿地周りには、サワシロギク(キク科)が今を盛りに白い花を咲かせています。夏から秋にかけて湿地で目に付くのは白い花が多いです。白い花に混ざって所々にワレモコウ(バラ科)の暗赤色の花が咲いています。

湿地の奥に目をやるとイガに包まれたクリ(ブナ科)の実が落ちていました。湿地周囲の雑木林はマツとヒサカキを主にした林ですが、クリの木も何本かあります。実りの秋がやってきました。

<観察場所>シラタマホシクサ:A・B湿地  クリ:雑木林


B湿地の様子

B湿地の様子

ミカワシンジュガヤ

ミカワシンジュガヤ

ホザキノミミカキグサ

ホザキノミミカキグサ

B湿地では、ヌマガヤ(イネ科)やイヌノハナヒゲ(カヤツリグサ科)、シンジュガヤ(カヤツリグサ科)などの丈の高い植物が多く茂っています。その中でシラタマホシクサやイワショウブ、サワシロギクの白い花が咲いています。ミカワシンジュガヤ(カヤツリグサ科)は、最初に三河地方で採取されたことからこの名が付けられた種で、絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。壱町田湿地では、この時期、径2ミリほどの球形の白色の果実をつけたものが見られます。

食虫植物のミミカキグサの仲間では、ホザキノミミカキグサ(タヌキモ科)が湿地のあちらこちらで背を伸ばしています。ホザキノミミカキグサはミミカキグサの仲間の中では最も大きく、花茎が10センチから30センチにもなるので見つけやすく、淡紫色に4本の白い筋の入った小さな花が草の間から覗いています。

<観察場所>ミカワシンジュガヤ:B湿地  ホザキノミミカキグサ:A・B湿地


※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
   (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp

壱町田湿地の様子 2020年9月20日への別ルート