固定資産を所有している納税義務者が亡くなられたとき

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003714  更新日 2022年10月14日

印刷大きな文字で印刷

相続登記

土地や家屋の所有者が亡くなった場合は、法務局にて所有権移転登記(相続登記)の手続きが必要です。

詳しくは下記ページをご覧ください。

※登記のない家屋(未登記家屋)を所有している場合、役場への所有権移転の届出が必要です。

相続人代表者の指定

納税義務者が亡くなられた時は、その相続人が納税義務を受け継ぐことになります。
相続人が複数の場合は、納税に関する代表者を役場税務課窓口へ届け出てください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページのご感想入力は専用フォームをご利用ください。(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課
〒470-2392 愛知県知多郡武豊町字長尾山2番地
電話番号: 0569-72-1111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。(外部リンク)