ページの先頭です

お問い合わせ

企画部秘書広報課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

安心・安全

更新日:2017年3月30日
交通キャンペーンの写真

治安が良い所も武豊町の魅力の一つです。
愛知県警が発表した犯罪発生状況(平成28年1月~12月発表)によると、刑法犯の犯罪率の低さは県内54市町村中4位。知多半島ではナンバーワンであり、安心して住むことができます。
また、町内各所に防災無線が配備されており、メールサービス、防災テレメータ情報サービスと併せて、災害発生時には迅速に情報を受け取ることができます。

地域ぐるみで安全・安心なまちをつくる

青色パトロールカーの写真

町内ボランティア団体による交通安全パトロールが定期的に行われていることが、犯罪率の低さにつながっています。
また、四半期に一度、半田警察署と協力して交通安全キャンペーンを行い、交通安全意識の高揚に努めています。

青色パトロールカーの写真

10日、20日、30日のゼロの日には、各交差点にボランティアのみなさんが立ち、子どもたちの安全を見守っています。
また、飲酒運転をなくすための運動も積極的に行っています。過去には、飲酒運転の検挙者が、愛知県内ワーストを記録する年もありました。町内から飲酒運転をなくし、安全な交通環境を整えるために「武豊町飲酒運転根絶に関する条例」を制定し、プロモーションビデオの制作、飲酒運転根絶町民大会の開催等、各種施策に取組んでいます。

災害に備えた取組

一斉訓練の写真

武豊町では、年に一度、全町民を対象とした一斉防災訓練を行っています。
災害発生後の自分の身を守る訓練に始まり、避難行動、安否確認の一連の流れを行います。その後、自主防災会が中心となり、避難所での生活体験や、津波避難ビル体験等を行い、いざというときに備えます。
併せて水門閉鎖等の関係機関との連携訓練、消防団による同時多発火災訓練等も実施します。

イベントでの防災啓発ブースの写真

様々なイベントの中に、防災の要素を盛り込んだものがいくつかあります。
ウォーキングイベント「たけとよウォーカー」のコースの一つとして設けられた「あそぼうさいコース」。
コースをウォーキングしながら、町内にある防災設備(防災倉庫、消防水利、標高表示など)を見つけ、コースのチェックポイントである富貴中学校で避難所体験やクイズなどを通じて、楽しみながら防災を身近に感じてもらうイベントです。

防災ガイドブックの写真

防災知識の向上と防災啓発のため、防災ガイドブックを作成しました。
地震編、風水害編、情報編の大きく三編で構成され、基本的な知識や、事前に準備すべき防災用品、避難の仕方等が、イラスト付きでわかりやすく説明してあります。小学校の授業でも活用しており、子どもの内から、防災意識を高める教育を行っています。
転入者の皆様に、各世帯一部ずつ配付しています。日ごろからご覧いただき、災害への備えに活用していただきたいと思います。

消防団~地域を守る強力な組織~

実戦訓練の写真

武豊町消防団では、年間を通して、様々な訓練を行っています。
大規模地震発生を想定した実戦訓練の様子です。幅の狭い道を消防車で走行し、設置された風船を割ったり、トンネル内にいる要救助者を救うためにチェーンソー等を使う訓練を行いました。

水防訓練の写真

消防署員の指導の下、洪水等の水害対策を学ぶ水防訓練の様子です。
無線機による通信訓練、土のう作製、土のうを使った水防工法を実施。ライフジャケットを着用した、本番さながらの訓練です。訓練で作製した土のうは、防災倉庫に保管し、いざというときに使用します。
消防団員は、生業を持ちながら、「自らの地域は自らが守る」という精神に基づき、災害発生時には出動して活動します。知多半島でもトップレベルの能力を誇る「武豊町消防団」。住民の皆様の安全・安心を守ります!

住む・働くのページはこちらをご覧ください。
子育て・学びのページはこちらをご覧ください。
魅力・みどころのページはこちらをご覧ください。

「たけとよに住もう」のページへ戻るときは、こちらをクリックしてください。

安心・安全への別ルート