ページの先頭です

お問い合わせ

健康福祉部福祉課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

高齢者福祉サービス

更新日:2016年4月1日
高齢者福祉サービス一覧
対象者内容申込み・問合せ
おおむね65歳以上の人

高齢者向け相談受付(地域包括支援センター)
高齢者を介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支援する総合相談窓口です。相談に応じて適切なサービスや機関、制度の利用につなげます。

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

地域包括支援センター
電話74-3305
70歳以上の人

手すり設置費用助成事業(平成30年10月1日から)
介護保険法で定める要支援・要介護状態に該当しない高齢者等が、居住する住宅での転倒を防止し、自立した生活の維持、拡大のために手すりを設置する場合に、工事費用の一部を助成します。(着工前に申請が必要)

対象工事:手すりの設置
助成額:工事費用の2分の1(同一住宅につき5万円を限度。1,000円未満の端数切捨て)

詳しくはこちらをご確認ください。

※対象者の確認等が必要となりますので、着工前に、地域包括支援センター(電話74-3305)まで直接ご相談ください

役場福祉課
高齢者福祉担当
電話72-1111

おおむね65歳以上のひとり暮らしの人

日常生活用具の給付
電磁調理器・火災警報器・自動消火器の給付を行います。

・用具の種目により対象者の条件が異なります
・利用者世帯の所得階層区分により、自己負担がある場合、および助成の対象とならない場合があります
・火災警報器は、屋外にも警報ブザーで知らせることができる機種に限ります

役場福祉課
高齢者福祉担当
電話72-1111
65歳以上のひとり暮らしの人(近所に身内が住んでいない人)

ひとり暮らし老人の登録
登録によって、安否確認や緊急通報、昼食会招待などのサービスが利用できます。費用は無料です。

緊急通報装置の設置
急病などの緊急時に、ボタンを押すだけであらかじめ指定された連絡先へ通報する装置を、自宅の電話機に取り付けます

役場福祉課
高齢者福祉担当
電話72-1111
おおむね65歳以上の虚弱の高齢者で、介護保険の要介護認定申請をしていない人および要介護認定審査で非該当となった人

ホームヘルプサービス
町から委託された社会福祉協議会のヘルパーが出向き、調理・洗濯・掃除・買い物・関係機関との連絡調整などの生活援助を行います。

利用回数:1週間に1回、1時間まで
利用料:1時間当たり150円

ショートステイ
介護者が旅行・病気・冠婚葬祭など、諸般の事情でその家庭において介護ができないとき、養護老人ホームなどで一時的にお預かりします。

利用期間:原則一週間程度まで
利用料:無料(飲食費として1日当たり1,730円)

・職員の訪問・面接や医師の診断書等により、サービスの対象になるか判断させていただきます
・住民税非課税世帯の人に対して、利用料の2分の1助成を行っています

役場福祉課
高齢者福祉担当
電話72-1111
おおむね65歳以上の寝たきりなどで寝具の衛生管理が困難な人

寝具クリーニング・乾燥サービス
高齢者の人などが使っている布団・毛布のクリーニングを年2回、実施しています。費用は無料(クリーニング時の布団の貸出しも無料)です。

実施時期:6月・12月

役場福祉課
高齢者福祉担当
電話72-1111

高齢者福祉サービスへの別ルート