ページの先頭です

お問い合わせ

健康福祉部健康課(保健センター)

電話: 0569-72-2500

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

食中毒の予防について

更新日:2016年3月7日

 食中毒は多くの場合、原因となる細菌やウイルスのついたものを飲食することで発症します。食中毒により、胃腸障害(吐き気、嘔吐、腹痛、下痢など)や神経障害(しびれ、麻痺など)が起こる場合があります。

 細菌性食中毒は高温多湿となる梅雨や夏場に多く発生し、ウイルス性食中毒は冬場に多く発生します。

一年を通じて食中毒対策は重要です。

食中毒予防の三原則

  1. 菌をつけない(手や包丁、まな板を洗浄・消毒する、生肉などは容器に入れるなど)
  2. 菌を増やさない(早めに食べる、冷蔵庫などで温度管理をするなど)
  3. 菌をやっつける(ハンバーグなどの食品は内部まで十分加熱するなど)

食中毒の予防についてへの別ルート