ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2018年6月8日

更新日:2018年6月8日
カキラン

カキラン

ムラサキシキブ

ムラサキシキブ

アジサイ

アジサイ

カキラン(ラン科)の花が咲きました。場所はB湿地です。カキランは高さ30~70cmの多年草で花期は6~7月です。名前の由来は、花の色が柿の実に似ているからのようです。
観察路脇では、ムラサキシキブ(シソ科)の花が咲きだしています。以前はクマツヅラ科に分類されていたようですが、今はシソ科になっています。花期は6~7月で全国の山野に生育する落葉低木です。名前の由来は、果実の美しさを紫式部にたとえたとのことです。
A湿地の奥、北側道路に面した場所ではアジサイ(アジサイ科)の花が咲いています。アジサイは落葉低木で、花期は5~7月です。花に見える部分はガクのようです。花の色は土が酸性なら青色、アルカリ性なら赤色になると言われていますが、壱町田湿地では白色が多く見られます。

場所・・カキラン:B湿地   ムラサキシキブ:B湿地観察路脇   アジサイ:A湿地奥


シロバナナガバノイシモチソウ

シロバナナガバノイシモチソウ

ノハナショウブ

ノハナショウブ

ニホンイシガメ

ニホンイシガメ

壱町田湿地の中で最も注目される植物は、食虫植物のシロバナナガバノイシモチソウ(モウセンゴケ科)ですが、4月中旬には芽生え今は大きく成長している時です。県の絶滅危惧1A類に、環境省でも絶滅危惧1B類に指定している貴重な植物で、花期は7~9月です。壱町田湿地の一般公開はこの期間の5日しか行っていません。今年は、7月22日(日)、8月4日(土)、8月5日(日)、9月8日(土)、9月9日(日)です。見学は無料ですので是非お気軽にお越しください。
A湿地やB湿地の片隅では、ノハナショウブ(アヤメ科)の花も咲いています。全国の水辺や湿原に自生しているようです。花の高さは40~100cm、花期は6~7月です。カキツバタに似ていますが、白色ではなく黄色の筋が特徴のようです。
壱町田湿地には動物もいろいろ生息していますが、その一つがニホンイシガメ(イシガメ科)です。日本固有種で本州・四国・九州に分布し、20cmくらいになるようですが雄は少し小さいようです。最近は外来種のミシシッピアカミミガメが勢力を増してきているようですが、壱町田湿地にはいません。

場所・・シロバナナガバノイシモチソウ:A湿地・B湿地  ノハナショウブ:A湿地・B湿地
    ニホンイシガメ:D湿地 他


※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
  (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp