ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2018年2月22日

更新日:2018年2月22日
オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ

タネツケバナ

タネツケバナ

厳しい寒さが続いていますが、壱町田湿地脇の土手などの草はもう花が咲きだしています。
オオバコ科のオオイヌノフグリ、シソ科のヒメオドリコソウ、アブラナ科のタネツケバナなどです。
オオイヌノフグリはヨーロッパから渡来した越年草の帰化植物で、道端に生えています。名前の由来は、イヌノフグリより大型で、果実が犬の睾丸に似ているからです。花の寿命は、わずか1日のようです。
ヒメオドリコソウは、やはりヨーロッパから渡来した越年草の帰化植物です。花の形が笠をかぶった踊り子の姿を連想させることから名前がついています。葉は茎の先になるほど紫色になるのが特徴のようです。
タネツケバナは、水田の土手などに生える雑草です。春の七草のナズナに似ていますが、果実や葉の形が異なります。

場所・・オオイヌノフグリ・ヒメオドリコソウ・タネツケバナ:フェンス脇

シロミノマンリョウ

シロミノマンリョウ

壱町田湿地を守る会

壱町田湿地を守る会

小中学生ボランティア活動

小中学生ボランティア活動

シロミノマンリョウを発見しました。サクラソウ科の常緑低木で、高さは50cm程度です。花期や果実になる時期は一般的な赤い実のマンリョウと変わらず、実が熟すまでは区別がつかないようです。壱町田湿地ではこの1本以外には発見されていませんので、鳥による影響かもしれません。
壱町田湿地には、湿地植物群落の保護育成を図ることを目的とする「壱町田湿地を守る会」という団体があります。武豊町からの委託を受け、毎月1回の定例作業をはじめ必要に応じて作業をしていただいています。また、平成29年度からは小中学生ボランティア活動にも協力いただいています。
この小中学生ボランティア活動は、武豊町内の小中学校に勤務する教員が指導者となって小中学生の希望者を募り組織された活動です。小中学生の湿地への理解と環境保全に対する意欲向上に大きな力となっています。

場所・・シロミノマンリョウ:C湿地観察路脇  壱町田湿地を守る会:湿地全体
    小中学生ボランティア活動:湿地全体

※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
  (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp