ページの先頭です

お問い合わせ

総務部税務課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

医療費控除が変わります

更新日:2017年12月26日

医療費控除および医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)の申告時における「明細書」の添付義務化

平成29年度の税制改正において、医療費控除および医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)のいずれかの適用を受ける場合は、領収書の提出(医療費の領収書または医薬品購入費の領収書の提示または添付)にかわり、「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を申告書に添付しなければならないこととされました。

改正点(1)「医療費の領収書」の提示または添付が不要になります

改正点(2)「医療費控除の明細書」「セルフメディケーション税制の明細書」の添付が必要となります

適応時期:所得税は平成29年分の確定申告、個人住民税は平成30年度の住民税申告から適用

 ※平成31年分の確定申告までは、従来通りの方法(医療費の領収書または医薬品購入費の領収書の提示または添付)を適用することもできます

 ※明細書を添付した場合でも、領収書は自宅等で5年間保管する必要があります

 ※制度の概要はこちらをご覧ください(国税庁ホームページ外部リンク)



明細書について

平成29年分の確定申告書(平成30年度の住民税申告書)に添付する明細書の様式については国税庁のホームページをご確認ください。

(国税庁ホームページ外部リンク)

「医療費控除の明細書」の様式と記載例はこちら(別ウインドウで開く)

「セルフメディケーション税制の明細書」の様式と記載例はこちら(別ウインドウで開く)

医療費通知について

医療保険者が交付する所定の事項(※)が記載された医療費通知(原本)を添付することで、領収書の保管や明細書の記載の省略(ともに医療費通知以外のものを除く)をすることができます。

※所定の事項

(1)医療費通知の交付を受ける人の氏名

(2)診療を受けた年月

(3)診療を受けた人の氏名

(4)病院、診療所、薬局等の名称

(5)被保険者等が支払った医療費の額

(6)保険者等の名称


控除を受けるための手続き

添付または提示が必要な書類

各制度で必要な書類
医療費控除 セルフメディケーション税制 

・医療費控除の明細書(添付)

・医療費通知(原本添付) 

※医療費通知に関する事項を記入したものに限る

・その他該当する書類(添付または提示) 

例:おむつ使用証明書等

・セルフメディケーション税制の明細書(添付)

・一定の取組を行ったことを明らかにする書類

(添付または提示)

※一定の記載事項があるものに限る

※平成31年分の確定申告までは、従来通りの方法(医療費の領収書または医薬品購入費の領収書の提示または添付)を適用することもできます

※医療費控除と医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)を併用することはできません

医療費控除が変わりますへの別ルート