ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2017年9月20日

更新日:2017年9月20日
一般公開

一般公開

サワヒヨドリ

サワヒヨドリ

イワショウブ

イワショウブ

今年最後となる一般公開が9月9日・10日に終了しました。天気にも恵まれ、この2日間で300人を超す人に見ていただきました。東海地方だけにしか生息していない貴重なシラタマホシクサもよく育っていて満足していただけたと思います。
先日の台風18号では、松枝などが折れる被害はありましたが、大きな被害が出なかったことは幸いでした。そんな中、湿地ではサワヒヨドリの花をより多く見かけるようになってきました。キク科の多年草で、花期は8~10月です。全国に分布し、山地の日当たりのよい湿地に生育しているようです。葉はヒヨドリバナによく似ていますが、花の色が紫色なので見分けがつきます。
イワショウブの白い花も見られるようになりました。イワショウブはユリ科の多年草です。分布は本州中部以北の日本海側で、山中の湿地に生育しているようです。花期は8~10月で、これからが見ごろとなります。愛知県では準絶滅危惧に指定されています。

場所・・一般公開:湿地全体  サワヒヨドリ:B湿地 イワショウブ:A湿地・B湿地

ミズギボウシ

ミズギボウシ

ニラ

ニラ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

B湿地では、ミズギボウシの花が咲いています。ミズギボウシは、ユリ科の多年草で愛知県以西本州の湿地などに生育しているようです。花期は、8~9月です。
北駐車場の片隅では、ニラの花が咲いています。ニラはヒガンバナ科の多年草で、食材としての緑黄色野菜でもあります。花期は8~10月です。なぜ、この場所に生育しているのかは不明です。
湿地北東角のフェンス沿いでは、ヒガンバナの花が咲きだしました。ヒガンバナ科の多年草で、有毒な球根性の植物です。別名曼珠沙華(マンジュシャゲ)でもよく知られています。

場所・・ミズギボウシ:B湿地  ニラ:駐車場  ヒガンバナ:湿地北東角

※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
    (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp