ページの先頭です

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

壱町田湿地の様子 2017年4月18日

更新日:2017年4月18日
キクモモ

キクモモ

ザイフリボク

ザイフリボク

ハルリンドウ

ハルリンドウ

春になっていろいろな花が急に咲きだしました。北側のトイレ付近では、キクモモの花が満開となりました。キクモモはバラ科で江戸時代に中国から渡来したようです。名前の由来は、花弁が細長く菊に似ているからだそうです。
D湿地ではザイフリボクの花が咲いています。ザイフリボクもバラ科で4~5月に白い花が咲きます。名前の由来は、花が采配に似ているからのようです。別名のシデザクラの由来は、やはり花が神社などで使われるシデに似ているからと言われています。
B湿地ではハルリンドウが咲きました。ハルリンドウはリンドウ科の1年草で、高さは10cm位になります。花期は3~5月。壱町田湿地では株数が少ないのが課題となっています。

場所・・キクモモ:トイレ付近  ザイフリボク:D湿地  ハルリンドウ:B湿地
 

シュンラン

シュンラン

チゴユリ

チゴユリ

マツバウンラン

マツバウンラン

湧水路脇ではシュンランの花が咲きました。シュンランはラン科の多年草で、全国に分布する日本を代表する野生ランのようです。花期は3~4月。壱町田湿地での株数は少なく、数本しか確認できていません。
D湿地の上方では、チゴユリの花も咲きだしました。チゴユリはイヌサフラン科で、本州から九州の山野に生育する高さ20~30cmの草です。花期は4~6月です。
フェンス付近や道路脇などではマツバウンランの花がここ1~2週間の間にいっぱい咲きだしました。マツバウンランは、オオバコ科の草でアメリカ原産の帰化植物です。花期は春から夏。最近では関東地方以西に普通に見られるようになったようです。

場所・・シュンラン:湧水路脇  チゴユリ:D湿地上方  マツバウンラン:フェンス付近・道路脇

※ ご感想・ご意見は、武豊町歴史民俗資料館へお寄せください。
 (メールアドレス:shiryokan@town.taketoyo.lg.jp