ページの先頭です

お問い合わせ

総務部防災交通課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設 バス・鉄道 ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

感震ブレーカーの設置補助を始めます

更新日:2018年4月1日

感震ブレーカーの設置補助を始めます

南海トラフ地震被害予測調査によると、地震火災による建物被害は約1300棟(理論上最大モデル)と想定されています。

地震発生後の通電火災を予防するためには「感震ブレーカー」が効果的です。地震を感知すると自動的にブレーカーを落とし、電気を止めます。分電盤やコンセントに設置するタイプや、重りの落下によりブレーカーを落とし、電気を遮断する簡易タイプがあります。

通電火災を予防するために、分電盤タイプの感震ブレーカーの設置に対し、補助を行います。

補助対象となる感震ブレーカーの種類

分電盤タイプ(内蔵型または増設・後付型)

一般社団法人日本配線システム工業会の感震機能付住宅用分電盤(JWDS0007付2)の規格で定める構造及び機能を有するものに限る

分電盤タイプ(内蔵型)

○特徴
分電盤に内蔵されたセンサー揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断
※電気工事が必要


分電盤タイプ(増設・後付型)

○特徴
分電盤に感震機能を外付けするタイプで、漏電ブレーカーが設置されている場合に設置可能
※電気工事が必要

対象者

町内に住所を有し、町内の住宅に上記の感震ブレーカーを設置しようとする個人で、町税の滞納のない人

感震ブレーカー普及啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請方法

設置前に防災交通課窓口にて申請してください

申請書は防災交通課にて配布または以下のものをダウンロードしてください

要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

感震ブレーカーの設置補助を始めますへの別ルート