ページの先頭です

お問い合わせ

総務部防災交通課

電話: 0569-72-1111

お問い合わせフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

感震ブレーカーについて

更新日:2018年3月28日

 地震発生後の通電火災を予防するためには「感震ブレーカー」が効果的です。地震を感知すると自動的にブレーカーを落とし、電気を止めます。分電盤やコンセントに設置するタイプや、重りの落下によりブレーカーを落とし、電気を遮断する簡易タイプがあります。

感震ブレーカーの種類

分電盤タイプ(内蔵型)

○特徴
分電盤に内蔵されたセンサー揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断
※電気工事が必要

○金額(標準的なもの)
約5万~8万円

分電盤タイプ(後付型)

○特徴
分電盤に感震機能を外付けするタイプで、漏電ブレーカーが設置されている場合に設置可能
※電気工事が必要

○金額
約2万円

コンセントタイプ

○特徴
コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、コンセントから電気を遮断
※電気工事が必要なタイプと、コンセントに差し込むだけのタイプがある

○金額
約5,000円~2万円

簡易タイプ

○特徴
ばねの作動やおもりの落下によりブレーカーを落として電気を遮断
※電気工事は不要

○金額
約3,000円~4,000円程度

感震ブレーカー普及啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

感震ブレーカーについてへの別ルート