ページの先頭です

お問い合わせ

武豊町役場 生活経済部 環境課
電話: 0569-72-1111
お問合せフォーム

早わかりナビ

早わかりナビ 早わかりナビトップ 税金 病気・ケガ 事業者 助成・手当 公共施設・交通機関 おくやみ ごみ・環境 届出・証明 出産・保育

家庭ごみ処理有料化について

更新日:2022年6月29日

ごみ処理有料化について

ごみ処理有料化とは

ごみ減量化、負担の公平化、財政負担軽減のため、ごみ処理にかかる費用の一部を指定袋の費用に上乗せして町民に負担していただくものです。

ごみ処理有料化の背景

一人1日当たりのもやさなければならないごみ排出量は509g(令和元年度)ですが、令和4年4月に供用開始されている新しいごみ処理施設「知多南部環境センター」の焼却能力や、国の掲げるごみ量の420gと比べると89g多い状況です。

町では、ごみ処理の有料化を行うことで、ごみの分別や、排出抑制の動機づけを行い、目標との差を減らしていきたいと考えています。

指定袋について

袋のサイズ・単価(10枚入り1パック)
もやさなければならないごみ

紙類、プラスチック製容器包装

黄色に黒字透明に緑字(資源用の袋に統一)
有料化するしない 
大(45ℓ)500円 

100円

中(30ℓ)300円80円
小(20ℓ)200円なし

指定袋取扱店一覧

指定袋取扱店一覧
取扱店名取扱店名
アオキスーパー武豊店アワーズ武豊
イオン半田店イシハラフード武豊店
ウエルシア武豊冨貴町ウエルシア知多武豊駅東口店
開港屋コメリ武豊店
岸岡酒店クスリのアオキ武豊店
靴のナカモトヤグリーンセンター武豊
ゲンキー大足店ゲンキー冨貴店
ココカラファイン花園店コノミヤ武豊店
酒の米利スギドラッグ武豊北店
スギ薬局武豊店スギ薬局武豊南店
スギ薬局有楽店セブンイレブン武豊白山店
セブンイレブン武豊平井店セブンイレブン武豊冨貴店
セブンイレブン武豊前田店綜合ストアー吉村
竹内でんきDCMカーマ半田店
トーヨードリームファームときわや酒店
ドン・キホーテ半田店長友電気商会
(株)日本メイトファミリーマート武豊石川橋店
ファミリーマート武豊大足店ファミリーマート武豊向陽店
ファミリーマート武豊桜ヶ丘店ファミリーマート武豊里中店
ファミリーマート武豊長宗店ファミリーマート武豊梨子ノ木店
ファミリーマート武豊富貴駅東店ファミリーマート武豊山ノ神店
ファミリーマート知多武豊前駅ファミリーマート掘割店
V-drug武豊店V-drug武豊西店
フーズアイランド花園店マセ電気商会
MEGAドン・キホーテUNY武豊店ミニストップ武豊梨子ノ木店
森下商店森田商店
有楽駅前店有楽口田店
有楽砂川店横田物産
ローソン味の蔵たけとよ前店ローソン武豊インター西店 
ローソン武豊前田店
※50音順

旧指定袋の取扱い

旧指定袋の取扱い
もやさなければならないごみ紙類・プラスチック製容器包装 

・ 「プラスチック製容器包装」、「紙類」の袋として使用できます
・「刈草・剪定枝」、「おむつ」の袋として使用できます※詳しくは下段をご覧ください

 ・今まで通り資源用の袋として使用できます

※旧指定袋の交換・換金については受け付けておりません。ご了承ください。

指定袋以外の袋で出せるもの

ごみ集積所に出すときは、指定袋の使用をお願いしていますが、次の場合は、指定袋以外の袋で出すことができます。
※もやさなければならないごみ袋に入れて出していただいても構いません。

・おむつ
透明または半透明の袋(旧もやさなければならないごみ指定袋でも可)に入れ、油性ペンなどで、「おむつ」と書いて、「もやさなければならないごみ」の日に、ごみ集積所へ出してください。内容物が、カラスなどにより、袋から飛散することのないよう、ネットを確実にかけてください。

・刈草・剪定枝
現在ごみ集積所で収集する刈草・剪定枝は、透明または半透明の袋(旧もやさなければならないごみ指定袋でも可)で回収をしています。改修については年間を通して行います。袋に入れ、「もやさなければならないごみ」の日に集積所へ出してください。袋に入らない場合は、エイゼン臨海工場・またはいちはらエコステーションへ直接搬入してください。

※集積所の回収は、「もやさなければならないごみ」袋、「おむつ」袋を先に収集しますので、刈草・剪定枝の袋が残される場合があります。

・ボランティア清掃で拾ったごみ
公園や道路など、公共の場所をボランティア活動で拾ったごみなどは無料で収集します。活動内容に応じて、ごみの出し方をご案内いたします。事前に届出が必要となりますので、環境課にお問合せください。

住民説明会内容

「ごみ処理有料化」の内容はは、下記添付ファイルにも掲載しています。

Q&A

Q&A
 Q(疑問)A (回答)
 新指定袋は、2月1日から販売開始されるが、4月1日までの間は使用することができないのか。 使用できます。4月1日より前に、ごみ集積所に新指定袋で出された場合でも収集します。
 4月1日以降、ごみ集積所に、もやさなければならないごみが、現在の指定袋で出されていたらどうなるのか。 「警告シール」を貼り、周知します。開封検査等で、排出者が特定できる場合は、個別に是正を求めます。
 近隣市町の有料化の状況は。 常滑市は、平成24年の10月から実施しています。半田市、南知多町、美浜町も武豊町と同じく、令和3年4月から実施されます。指定袋の価格は、これらの近隣市町と同じ水準です。
 もやさなければならないごみ袋の最小容量は20リットルとなっている。20リットルでも大きく、より容量の少ないサイズの袋が欲しい。 需要の程度を見極めながら、今後、検討していきます。
ごみをクリーンセンターに搬入した場合の料金は。知多南部広域環境センター(ゆめくりん)に搬入したときは10kgまで100円です。10kgを超過するときは、10kgごとに100円が追加されます。なお、クリーンセンターに搬入する場合は、指定袋に入っていなくても構いません。
 どれくらい負担が増えるのか。 大サイズを使用しているご家庭では、月に300円強、年間で4,000円ほどの増加となります。紙類などの分別で、ごみ袋のサイズが1つ下の中サイズになった場合は月に200円、年間で2,000円ほどの増加に負担額を抑えることができます。